メガリスの購入ができます

ED治療薬として2013年に世界シェアNo1になったのが、第3のED治療薬であるシアリスです。
従来のED治療薬であるバイアグラとレビトラを抑えての1位となりました。
その特徴は何と言っても作用時間の長さでしょう。
バイアグラとレビトラの作用時間は約5時間なのに対して、シアリスは24時間から最長36時間とされています。
よって1錠で1日半効果が持続するため、金曜日の夜に服薬すれば日曜日の昼頃まで、たった1錠で楽しむことができるのです。

 

これを受けてウィークエンドピルとも呼ばれています。
毎夜性行為の前に服薬しなくてはいけないという面倒もありませんし、経済的ということも含めて評価されています。
ただ、シアリスは1錠1500円〜2000円程度するため価格に関しては少々負担があるのも事実です。

 

 

そこでシアリスのジェネリック医薬品であるメガリスが選ばれています。
ジェネリック医薬品とは、新薬と同じ成分と作り方で製造された後発医薬品のことです。
本来、新薬には開発権利保持と開発費回収のため20年〜25年の特許期間が設けられており、この特許が切れた後に他の製薬メーカーが新薬と同じ成分と製法で後発医薬品を製造することが認められています。
後発医薬品なら開発費用は掛からないため、新薬よりも安い価格で市場に提供できるのが特徴です。
しかし、シアリスが発売されたのは2003年ですので、特許が切れるのはまだまだ先です。
にも関わらず、シアリスのジェネリック医薬品が誕生しているのは何故でしょう。

 

実は、インドにおいては他国と医薬品特許の法律が異なっています。
製法を真似ない限りは、後発医薬品を製造してもいいということになっています。
つまり、効果効能が同じ医薬品を作ることができるのです。

 

それを踏まえると、現在のシアリスのジェネリック医薬品は全てインド製であり、成分は同じですが異なる製法で製造されているということになります。
メガリスは、インドのマクレオズファーマスーティカル製薬会社が製造しています。
有用成分はもちろんシアリスと同じタダラフィル、効果もシアリスと同じものが得られ、価格は1錠250円〜300円とシアリスの5分の1〜8分の1程度です。
ただメガリスはインド国内のみでの販売となっており、日本にいながら入手するとしたら個人輸入でしか購入できません。
そこで、代行ショップを利用します。
代行ショップは医薬品の個人輸入代行サイトであり、メガリスをはじめとして様々な海外医薬品を取り扱っています。
このサイトからインターネットショッピングで薬を購入し、クレジットカード決済をすれば個人輸入手続き完了です。
あとは業者が配送センターに当該医薬品を注文し、そこから消費者の元へ国際通常書留で直接発送してくれます。
海外からの発送になるため、到着までには5日〜12日程度かかりますので、その辺は考慮しておいてください。
持続性も抜群で効果を実感できる医薬品を安く手に入れましょう。

 

※信頼できる個人輸入業者の検索サイトを掲載しておきます・・・メガリスとは?
こちらのサイトを参考にして、業者を選べば悪徳業者に確率はないと言えるでしょう。
私も定期的に拝見させていただいています。